お悩み解決☆サニタリーボックス

サニタリーボックスの賢い選び方

トップ > サニタリーボックス情報 > サニタリーボックスの賢い選び方

サニタリーボックスの賢い選び方

男性には聞き慣れないであろうサニタリーボックスとは、トイレの個室ごとに設置されている小さめのゴミ箱を指しています。
使用済みの生理用ナプキンやおむつなど、トイレで出るゴミを入れるのに使用されています。
なお、部屋に置くゴミ箱ほど大きくなく、あまりスペースの取れないトイレでもジャマにならず置けるのがウリの一つです。
ちなみに、トイレの床にサニタリーボックスを置きたくない、生理の時以外に使わない女性にとっては、置いておくスペースがもどかしくて仕方ないと感じているようです。
そんな女性たちは、『使い捨て』タイプを使っているようです。
ダンボール製で使い終わったらそのままポイ捨て、ダンボールだから組み立ても簡単、ストックもジャマにならず収納可能が支持される理由になっています。
しかし、インテリアにもなるオシャレなデザインのサニタリーボックスもたくさんあって、設置しておくだけでシンプル空間に色を添えることもできます。


では、使用するにしてもどんなタイプを選んでいるのでしょうか。
もっとも重要なのは狭いトイレという空間だからこそ、コンパクトとなる容量です。
オススメは1.5L以上ともいわれています。
というのは、小さすぎるとゴミですぐにいっぱいになり、捨てる手間が増えてしまいがち、だからといって大きいのはジャマになります。
もちろん、おむつなど、かさばるゴミを捨てるなら少し大きめがオススメですが、大概、使用済みの生理用ナプキンを入れるので、これくらいの容量がぴったりでしょう。
もちろん、女性世帯であるなら、あまりサイズにこだわらずともよいかもしれません。
また、フォルムもポイントで、コンパクトに見えるのは細長い筒型です。
色は暖色系より寒色系で、清潔感があるのも寒色系といいます。
しかし、定番のフォルムは箱型でしょう。
内容量に対してゴミ袋も必要になるため、ゴミ袋の容量もしっかりチェックしましょう。


サニタリーボックスを選ぶにも、やはりポイントにおくのは、そのニオイです。
ニオイ漏れしないためには蓋付きを選びましょう。
蓋を押すワンプッシュタイプにするのか、足で踏むペダル式にするのか、開閉がラクにできるのはペダル式です。
しかし、ゴミ袋がセットしやすいのはワンプッシュタイプですから、好みで選びましょう。
また、内部にケースがセットされたタイプなら、外側のケースから取り外しができます。
この構造なら、中のゴミに触れることなく捨てられますし、中身が見えることも、ニオイ漏れも心配なさそうです。
また、ニオイや経血の付着によって汚れてしまったら、水に強い素材を使ったタイプであれば、丸洗いができるのではないでしょうか。
汚れてもお手入れがしやすい、そうしたフォルム、機能性でも選びましょう。
特に、凹凸がない、フラットタイプのデザインがオススメです。

次の記事へ